アスデオクション

うつ病は病気です。悩みを自分だけで解決しようとせず医師や周囲の助け(サポート)が一番大事なんです。

うつ病には大きく分けて2つあります

うつ病とは、大きく分けて「2つ」に分類することができるといわれています。

「うつ病性障害」と「双極性障害」です。

では、具体的に触れていきましょう。
先ずは「うつ病性障害」について。

これは、症状やその期間によって「大うつ病障害」と「双極性障害」に分けることが出来ます。

大うつ病性障害は、一般的にうつ病と呼ばれているものです。

抑うつ状態は比較的に軽いといわれていますが、その期間が長いというのが特徴です。

双極性障害はこれとは違い、一般的に「躁うつ病」と呼ばれています。

気分が落ち込む抑うつ上体と、逆に以上に明るく活発に活動をする躁状態を繰り返すものです。

これらの2つは、治療法も違ってきますのできちんとした診断が必要となるでしょう。
また、抑うつ状態ではあるけれど典型的な症状の一部が見られないものを「非定期型うつ病」と呼ばれています。

実は、このタイプのうつ病は近年において、若い世代を中心に目立つようになっていると言われているのです。
診断については、医師の問診や検査などで行われます。

少しでも今までとは気分が違う気がする・無気力状態や気分の変動が激しいなど思い当たる節があれば、早い段階で病院を受診されることをオススメします。

ページ上に戻る